白黒で世界を表現する|nlpのプラクティショナー|充実したカリキュラムのスクール

白黒で世界を表現する

書道

生計のたてかた

書道で生計をたてている人のことを書道家と言いますが、一般にイメージする書を売り生計をたてられる程の収入を得ている芸術家として活動している書道家はごく一部の人達です。その他の書道家は、学校で書道を教える先生・企業やお店の依頼を受けて書を書く商業書道家・書道教室の先生などが多いです。一番多いのは、書道教室の先生として働くケースですが、芸術家としての書道家が副業として子供や大人に教えているケースもあります。書を売り生計をたてることができる芸術家の書道家になるには、常に書のスキルアップが求められますし、人に芸術性のある作品を書く書道家として認められる必要があるので狭き門と言えます。その点、書道教室の先生は書道の流派の師範免許を取得することで開業することができるので比較的に誰にでもなりやすい特徴があります。

目的に応じた学び方を

書道家になる為には、自分がどの分野を目指しているのかによって進学先が変わってきます。小学校・中学校・高校で書道を教えたい場合は、教員免許の取得が必須なので大学に進学し教員免許の取得を目指す必要があります。書を販売して生計をたてたい場合や書道教室で人に教える場合でも、書に対する深い知識や技術力は必要になるので専門学校などで専門的に学んだほうがいいでしょう。また、書道には各流派がありますので流派に所属して、その流派の師範免許を取得するのも人から信頼を得やすくなるので取得するようにしましょう。書道家の活躍の仕方は人それぞれに違いがありますので、自分の目指す分野に合わせて大学か専門学校かを選択するようにするといいでしょう。