相談役としての携わり|nlpのプラクティショナー|充実したカリキュラムのスクール

相談役としての携わり

男性と女性

常に勉学に励める環境

人の役に立ったり、社会貢献したい気持ちが強い方が向いている職種の1つが社会福祉士です。高齢化問題は新潟の地でも問題視され、福祉の現場も実情として甘くはないものの、今後も支援を必要とする方は増えるため、遣り甲斐・働き甲斐を求める方から人気を集めています。生活の質を様々な観点から向上できるスキルを持っているのが社会福祉士の特徴ですが、助言や指導、相談相手となるなどの人相手の仕事が任されています。相手の心理を理解することが最も大切で、学ぶための教育施設でも心理学理論と支援が科目として展開されているほどです。また資格を保持し、活躍中の有資格者に対し、新潟の福祉関連の分野では研修や学会への参加、論文などによる最新の実践力を養うサポートが提供され、評価されています。

心構えも必要

国家試験に合格することで社会福祉士として就職や転職が可能で、新潟の求人情報数も社会的ニーズから増えています。年齢問わず、社会に長く貢献したり、腰を据えることが期待されているのも社会福祉士の特権で、社会で弱い立場の人のサポート役となるポジションが確立されています。新潟では人材を不足させない支援を広げており、養成施設での教育指導も展開しています。資格は条件次第で誰もが習得可能ですが、社会福祉士としての心構えに注意を払う必要があります。言動などが相談者のライフプランまでも左右するためです。特に意識すべきは傾聴で、話を聞く・聞き出す能力は必須です。しかしながらプライバシーに関与し、共有することも多く、信頼関係を築くこと、使命感や正義感などを持つことも求められています。このような技術や知識を身につけられるのが将来の社会福祉士を育成している養成学校です。多くの養成学校では学年ごとにカリキュラムが複雑化していく傾向があり、初年次は社旗福祉とは何かなどの基礎的な知識を身につけていきます。学年が上がるごとにより専門的な知識が求められるようになるのです。また、社会福祉士に特化した授業以外も行っています。たとえば、ビジネス実務や簿記といった仕事をする上で役に立つ知識も身につけることができるのです。このように専門的な知識以外も身につけられるのが養成学校の魅力と言えるでしょう。